【東京女子図鑑〜社会人看護学生編〜】前職は?年齢は?どんな人がいるの?

はぴこブログ 東京女子図鑑 社会人看護師 看護学生 前職
悩む人
社会人看護学生ってどんな人がいるんだろう?

 

大人になってから看護師を目指そうと思ったらどんな人が同級生になるのか気になるところですよね。

そこで、社会人看護学生だった私の同志達を紹介します!

 

わんこ
あなたの未来の同級生はきっとこんな人達!

 

社会人看護師とは

看護師

社会人看護師は「社会人経験後もしくは大学等卒業後に看護師になった人」のことです。

看護師は手堅い国家資格であり、大人になってからでも看護師を志す人は大勢います。

人生100年時代、その傾向がさらに強くなっています。

 

看護学校の中でも専門学校は社会人経が比較的多くいます。私の学校は4〜5割が社会人経験者。とても心強かったです!
▶︎社会人看護師はどんな学校を選べばいい?

 

 

社会人看護学生の「前職」が知りたい

看護師になる前はどんな仕事をしていたの?
さまざまです!医療従事者が多いのは特徴的かも?社会人看護師 社会人看護学生 前職 現在の仕事 前の
前職 割合
会社員 33% 一般事務、営業職、美容師など
医療従事者 24% 看護助手、医療事務、鍼灸師など
アルバイト 19% 飲食、テーマパークスタッフ、キャバクラ嬢など
専業主婦 14%
大学生 10%

 

 

一番多かったのは正職員でしたが、医療従事者が多めなのは特徴的かもしれません!

はぴこ
元看護助手によると「同じような仕事をしてるなら給料が高い方がいいと思って看護師になろうと思った」んだとか。笑

 

 

社会人看護学生の「年齢」が知りたい

社会人とはいえやっぱり若い人ばかり?
そんなことありません。私の学校は30代が多く20代中盤の私はひよっこでした。笑

 

 

私の学校は最高年齢がなんと49歳でした!アラフィフ!
社会人看護学生の最年齢22歳(入学時)
社会人看護学生の最年齢49歳(卒業時)

新しいことを始めるのに遅いなんてことはないんですね…!

はぴこ
しかも男性だったんだよー!

 

 

東京女子図鑑~社会人看護学生編~

お待ちかね(?)の東京女子図鑑~社会人看護学生編~です!

未来の社会人看護学生さんは心の準備をお願い致します!

 

母強し!シングルマザー系女子

【特徴】

子供を育てながら、バイトをしながら、看護学校に通う。

なのに成績優秀。いつ勉強しているのか摩訶不思議。

学校の行事には子供を連れてきて癒しを提供してくれる。

 

恋多きハンター系女子

【特徴】

医者との恋を夢見て入学。

ときにはピチピチの現役生(19歳)と恋のライバルになりバトり始める肉食系女子。

3年間、一度も仕留めることができなかった子もいれば、確実に獲物を撃ち落とす強者も!

 

華麗なる高学歴系女子

【特徴】

国立大学、有名私立大学を卒業した高学歴女子。

テスト前には彼女たちに群れる人多数。頼られること大好きな姉御肌。

頭脳派で試験に強いが、コミュ力低めで看護実習は苦手。

 

孤独死を悟った系女子

【特徴】

アラサー、アラフォーの独身女性に多い。

結婚に見切りをつけたと言いつつも合コンの参加率は100%

1人でたくましく生きて行くためにも手に職を!と奮い立たされた勇敢な者たち。

 

現役生にモテモテ系女子

【特徴】

現役生から黄色い声援が飛ぶモテモテ系女子。

学校行事では「一緒に写真撮ってください!」「かわいい〜!」と行列が!

ハンター系女子がすり寄ってくるが嫉妬されて少し大変そう。

 

第二の人生謳歌系女子

【特徴】

10代もしくは20代前半に結婚や出産を経験。

子供も少し手が離れたことで自分も働いてみたいと思い立つ。

旦那は高収入。家族仲は良好で飲み会参加率は壊滅的(※いいことです

 

 

【番外編】オトナの男性看護学生

男性看護師 男性看護学生 社会人経験者

ここからは男子看護学生にも触れていきます。

私の学校は社会人看護師にも男性看護師にも寛容で人数多かったです。

 

・子育て中のパパ
・看護学校で彼女をつくる勝ち組
・女子にいじられまくる愛されキャラ
・現役生から騒がれるイケメン
・空気

個人的に、これからどんどん経験豊富なオトナの男性看護師が増えてほしいものです!
 

 

  • 簡単3分登録
  • 完全無料で利用できます
  • 厚生労働大臣許可


無料
ナースジョブ公式HP

公式HP:非公開求人充実の看護師求人サイト

看護学生必見!はやめの情報収集にオススメ!

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

これから看護師を目指すあなたが少しでも看護学校のイメージができたら幸いです。

※この記事は筆者の偏った視点が大いに入っていることをご了承下さい※