レビューブックはいつ買うのがベストか【看護学生の必須本】

レビューブック いつ買う 活用 いらない
はぴこ
悩める看護学生
看護学生ですがレビューブックっていつ買えばいいの?
看護学生にとって必須本である「レビューブック」。いつ購入すればいいのか迷いますよね。
私自身の経験を踏まえてレビューブックをどのタイミングで買えばいいのかお教えします!
これを読んでさっそく国家試験に備えましょう。
■この記事でわかること
・レビューブックを購入するベストなタイミング
・レビューブックの活用法

スポンサーリンク

レビューブックを購入するタイミングは2回ある

看護学生 勉強法

結論から言うと、レビューブックは1年生と3年生の春の2回のタイミングで買うと良いでしょう。
それぞれ理由をみていきましょう!

 

レビューブック購入タイミング
① 1年生の春

② 3年生(最終学年時)の春

 

【1回目】1年生の春

まず1冊目はできるだけはやい時期に購入しましょう。

わんこ
1年生から必要なの?はやくない?
はぴこ
はやく感じるだろうけど、低学年のときから持っておくのがオススメだよ!
わんこ
なんで?受験勉強を始める最終学年からじゃダメなの?
はぴこ
私もそう思って3年生の時にだけ買ったんだ!だけど、もっと早く買っておけばよかったって後悔したんだよね。この後悔をみんなには味わってもらいたくないなあ。

 

 

1年生の春に購入するべき理由としては以下2点です。

■1年生春にレビューブックを買う理由
・国家試験の出題範囲の全体像を知る
・授業で習う範囲をレビューブックと照らし合わせながら勉強する
勉強を始める前に国試の出題範囲の全体像を掴むと後々授業が頭に入りやすくなります。
レビューブック1冊あるだけで日々の授業も頭に入りやすいんです。
毎年3月に新刊が発売されるから入学前の予習にも使えますよ!

 

 

【2回目】最終学年の春

3年生(最終学年)の春に新しいレビューブックを購入することをお勧めします。

 

1年生のときに購入したレビューブックをそのまま使用しても良いのですが、国家試験の出題範囲は毎年変わります

その年の出題範囲に対応させて毎年3月に新しいレビューブックが発売されるので、ここはお金を惜しまず購入するべきです。

 

はぴこ
国試前には友達と「●ページに載ってるよ」と情報交換することもよくあります。古いレビューブックを使ってる子は対応するベージが見つけづらく苦労していたな…。

 

 

活用方法

レビューブック いつ買う 活用方法 QB

レビューブックを手に入れたらさっそく活用していきましょう。

 

1~2年生で国家試験範囲の「全体像」を把握する

まず低学年のときは授業と照らし合わせて流し読みする程度で大丈夫です。

目的はあくまで国家試験範囲の全体像をつかむことですから。

 

最終学年で「レビューブックを丸暗記」+「細部」を他の参考書で補填する
3年生になったら、レビューブックの内容を丸暗記する勢いで勉強しましょう
基礎から専門分野まですべての国家試験範囲をおさえている一冊ですが、細かい部分については物足りないと感じる部分もあるでしょう。
足りないと感じる部分を学校の教科書や別の参考書で補って勉強すると良いでしょう。

 

 

レビューブック口コミ

看護学校入学前に購入してよかった。
N.Sさん

評価: 4.7看護学校に入学する前の予習用に購入しました。これがあったから授業にも問題なくついていけましたね。早めに買ってよかったです。(看護師1年目N.Sさん)

 

1年生も買ったほうがいい!
K.Mさん

評価: 5国家試験の出題範囲が集約されているから、早めの購入がいいと思います。日々の授業も頭に入りやすかったです。付箋やマーカーを使ってMyレビューブックを作るのが楽しいです。(看護専門学校1年生)

 

必修問題は事足りるがこれだけじゃ足りない。
名無しさん

評価: 3国家試験の範囲をぜんぶ網羅しているから必修試験には事足りるが、これだけでは流石に物足りない。他の参考書と併せて使っている。(看護学校3年生)

はぴこ
みんなの声を聞いてもやっぱりはやめにレビューブックを活用するのが良さそうですね!

 

 

まとめ

日記 続かない 継続

国家試験までまだ時間がある低学年の学生さんも、もう1年を切ってしまった最終学年の学生さんも看護学生のマスト本「レビューブック」を上手に活用して国家試験に備えましょう!

 

▶︎レビューブック購入時期は2回
1回目:1年生の春(なるべく早い時期に)
   理由は国家試験の全体像の把握のため
2回目:最終学年の春
   理由は国家試験の出題傾向の変化とともに毎年内容が変わるから
▶︎レビューブック活用方法
低学年時:国家試験の全体像を把握するためざっと目を通す。日々の授業と照らし合わせる。
高学年時:丸暗記する勢いで覚える。足りない箇所は学校の教科書や別の参考書で補う。
以上、参考になれば嬉しいです。

 

>>レビューブックに対応するQBおすすめ問題集