【レバレッジ・リーディング】読書家必見!本を読む前に知るべき内容だった!

レバレッジリーディング内容

「読みたい本はたくさんあるけど時間がなくて読みきれない」

 

そんなお悩みを持った方にオススメです。

今よりもっとはやく本を効率的に・戦略的に読みこなせたら素敵と思いませんか?

 

今回は「レバレッジ・リーディング」をご紹介します!
この記事はこんな人におすすめ!
👉ビジネス書を読むのが好き
👉本を読むのが遅い
👉本の内容を実践で生かしたい

レバレッジ・リーディング

 ▶︎Amazon公式はコチラ

 

なぜ「速読」よりも「多読」なのか

レバレッジ・リーディング」は1日1冊のビジネス書を効率的・戦略的に読みこなす投資としての読書法です。

ビジネス書は成功者の体験や思考を短時間で擬似体験できるツールで、たくさんの本を読む「多読」は最高の自己投資です。

 

レバレッジ・リーディング」は本の選び方から書店の利用法、時間術、実戦に生かすための読書語の活用法などを紹介します。

書籍名:レバレッジ・リーディング
著者名:本田直之
出版社:東洋経済新報社
出版日:2006/12/14
頁 数:171ページ
評 価: 4.5

 

簡易目次

第1章 ビジネス書の多読とは何か?

100倍のリターンをもたらす究極の読書術

 

第2章 本探しは投資物件選び

ビジネス書の効率的スクリーニング術

 

第3章 1日1冊、ビジネス書を戦略的に読破する

訓練不要であなたの読み方が劇的に変わる

 

第4章 読んだままで終わらせるな!

反復と実践によって100倍のリターンを獲得せよ

スポンサーリンク

 

レバレッジ・リーディング 本の内容

本 自己分析

本は隅から隅までぜんぶ読めば良いわけではありません。

主体性を持って自分に必要なところを抜き取る作業が必要です。

そのためには「この本から何を学びたいのか」を意識する必要があります。

 

読書は最高の自己投資

本は他人の経験を短時間で擬似体験できる最高のツールです。

ビジネス書にはこれまでにビジネスで成功した人のノウハウが詰まっています。

 

新しい道を自分の力だけで切り開くことはとても困難ですが、これまでに誰かが通ってきた道を見て、学んで、自分なりの応用を加えることが成功の近道。

本を通して偉人、成功者の成功ノウハウを身につけることは割安な最高の自己投資といえそうです。

 

 

わんこ
人類史上初めての悩みなんてあなたには降りかからないってこと!すべて先人が通った道です!

 

 

ビジネス書の多読が必要な理由

あなたの前に選べる道が100通りあったとします。

本を読んでいる人はその道の中で成功する道は10しかないことを知ります。

読書家は絶対に行っては行けない道を選択肢から外すことができるのです。

 

しかしながら1冊に頼り切ってしまうとその著者の偏った考え方しか手に入れることはできません。

たくさんの思考、知識、人生を知ることであなたの人生に応用できることが重要です。

 

 

 

本の読み方

1. 本を読む目的を明確化
→読むところに見当をつける。

2. 制限時間を設ける
→内容によるが1〜2時間を目安に!

3. 全体像を見る
→まえがき、目次、あとがきを流し読みする。

4. 読書開始!
→ここまできてやっとスタート!

 

はぴこ
良い読書方法は本を読み始める前から始まってるんですね〜

 

 

まとめ

働く 学び

読書をすることで必ず成功するわけではありませんが、必ず失敗する道を避けることは可能です。

たくさんの本を読み、たくさんの知見に触れれば成功する可能性も上がっていくことでしょう。

 

読書は知識をもらう受動的な行為ではなく、自らが掴みに行く能動的な行為だな、とこの本を読んで気づきました。

本を読み始める前に、この本から何を学びたいのか目的を明確にしましょう。

そして、まえがき・目次・あとがきで本の全体像をつかみ、時間制限を設けて読み進めましょう。

 

わんこ
「ダラダラ、なんとなく読む」はNGです!

以上、参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました!

スポンサーリンク