女性の宅建士は需要があるのか?宅建士から看護師に転職した私が解説します。

女性の宅建は需要があるか 将来性

将来が不安で資格を取ろうと考える女性は多いです。

よく目にする「女性にオススメの資格ランキング」や「一生食っていける女性の資格」は果たして本当に役に立つものでしょうか。

 

はぴこ
将来が不安な女性
将来、食いっぱぐれないように「宅建」を取ろうかな
はぴこ
なんで宅建をとるの?
はぴこ
将来が不安な女性
女性は手に職が必要っていうでしょ?こんなご時世だし何か資格を持ちたいんだよね。
はぴこ
その気持ちはとてもわかるよ。女性は出産や育児があるぶん仕事のブランクが出来やすいし、さらにコロナで追い討ちが来てるもんね。でも、なんで宅建なのかな?
はぴこ
将来が不安な女性
食いっぱぐれない資格で「宅建」が人気だよ!将来不安だし、宅建の勉強する!

 

 

私は宅建士でしたが、将来に不安を覚えたため一念発起し看護師になりました。不動産の経験が全くない女性がこれから宅建を取るのはあまりオススメできません。

 

この記事がオススメな人
・将来が不安で宅建を受験しようか悩んでいる女性
・女性にとって本当に必要な資格を知りたい方
はぴここの記事を書く人(はぴこ)
・宅建士として働く
・海外放浪、バックパッカー経験
・帰国3ヶ月後に看護学校に入学
・現在看護師として従事する

 

女性の宅建士の需要は?将来の不安は拭えるか

ワキガ 体臭

「将来が不安で宅建を取ろうか悩んでいる」

そんな女性を何人か見てきましたが、宅建を取得した先にその人が望む未来があるとは思えません。

 

宅建士の仕事内容

まず、宅建士の仕事はどんなことをするのでしょうか。

宅建士とは宅地建物取引士の略で士業のひとつです。

仕事内容としては一般的な不動産業務に加えて3つの独占業務があります。

宅建士の3つの独占業務(2021.5現在)
・重要事項の説明
・重要事項説明書(35条書面)の記名押印

・契約書へ(37条書面)の記名押印

 

宅建士が必要な理由は3つの独占業務に加えて、

不動産事業所に5名に1名の宅建士を置かなければいけないからです。

 

宅建だけとっても意味がない

以上の理由を踏まえて説明します。

宅建を取っただけではあまり意味がありません。

なぜなら宅建を取ったって経験なしなら大して強みにならないからです。

 

 

具体的な理由をみていきましょう。

 

宅建をとってもあまり意味がない理由

はぴこブログ ブログ初心者

理由① 需要が高いわけじゃない

宅建士には3つの独占業務があること、不動産事業所に5人に1人は配置しなければいけないことをご説明しましたね。

しかし、逆を言えば5人に4人は無資格者でいいからそこまで重宝されないんですよね。

大手の不動産屋だったら、従業員に宅建士を受験させるので未経験者を積極的に採用することは考えにくいです。

 

理由② 収入が必ず上がるわけじゃない

宅建の資格を取ったからといって必ずしも収入が上がるわけではありません。

まず、宅建士の平均収入をみてみましょう。

男性 381万円~713万円
女性 278万円~538万円

 

はぴこ
将来が不安な女性
だいぶ差があるね!

 

これは就職した会社に大きく影響されている証拠です。

大手企業に長く勤めれば年収も高くなるけど、中途で未経験ならあまり高収入は見込めません。

宅建を持って不動産屋に就職しても資格手当が1〜5万もらえる程度です。

 

はぴこ
宅建を持ってても結局は勤める会社の大小に影響される。これって普通の就職活動と同じだと思わない?

 

宅建を取るといい人の特徴

逆に宅建士を取るといい人はどんな人でしょうか。

宅建士をとるといい人
・現在不動産屋勤務、資格取得手当がもらえる人
・現在銀行員や保険会社勤務、宅建の知識があると仕事に有利な人
・不動産仲介会社を開業したい人

このような人にとって宅建は必要な知識ですし取ることをオススメします。

 

上の特徴が当てはまらない人はオススメしません。将来の不安は宅建だけでは拭えません。

 

宅建は合格率15%と難易度は高めです。

この勉強の労力を別に向けたほうがいいと思います。

 

 

はぴこ
宅建士のアルバイトは少しだけ時給が高め!1~3月の繁忙期によく募集があるよ!主婦さんとかはいいかも♪

 

 

本当に身につけたい女性のスキル3選

ここからは本当に女性にオススメな一生使える資格をご紹介したいと思います。

 

1. 簿記・ファイナンシャルプランナー

お金の知識はどんな仕事をするにしても身につけましょう。

知らないと損すること、知っているだけで得することだらけの世の中ですからね。

 

はぴこ
将来が不安な女性
お金の知識はとても大切なのに学校で勉強しないのはなんでだろうね。
・お金の知識はあればあるほどいい
・これを持ってれば仕事に困らないという資格ではない

 

2. ウェブ制作


これは在宅で完結できるところが魅力的です。

スキルさえあれば学歴職歴関係なく稼ぐことができます。

 

・PCひとつで稼ぐスキルが手に入る
・家で子育てしながらなど働き方が自由
・今後はインターネットがさらに主流になる

 

3. 看護師

看護師は本当に食いっぱぐれません。

そして新卒時からしっかりお給料が高いです。

自らの意思で辞めることはあっても職がなくなるということはありません。

 

・将来絶対に無くならない仕事
・初任給から男性並みの額をもらえる
・病院だけでなく会社、訪問看護、美容など働き方が多様にある

まとめ

女性 資格 オススメ 一生使える
将来が不安で資格を取ろうと思う女性は多くいますが、本当の意味で不安を拭える資格を取るべきだと思います。
宅建士は現在不動産業や銀行、保険会社に勤めている人や開業を予定している人にはオススメですが、そうでないなら取らなくても良いでしょう。
宅建を取るための労力をもっとためになる資格に費やしてみませんか?
以上、参考になれば嬉しいです。
関連記事

社会人や主婦から看護師を目指す人は年々増えています。 それでも全体で見ればまだまだ少数派で、社会人看護師に関する情報って少ないですよね。   はぴこ はじめまして!社会人看護師4年目のはぴこと申します。[…]

社会人看護師になる