はぴログ③ 【コロナ時代を生き抜く。評論家でなくクリエイターになる】

コロナ時代 働き方 思考 はぴログ

新型コロナウイルスのパンデミックを経験し、今後の時代が大きく変わろうとしていますよね。

 

「これからの時代はどうなるんだろう?」

「働き方はどう変わっていくのだろう?」

 

そう考える人は多いかと思います。

 

コロナ時代をどうやって生き抜くか

 

これからの時代の働き方について考えていきたいと思います!

大きな頭に入った小さな脳みそをフル活用して思考を深めようと思います。

 

前回記事はこちらです。

はぴログ②【どうする?これからの働き方】

 

 

スポンサーリンク

今後の時代はどう変化するか?

 

前回記事では時代がものすごく早いスピードで変わっていくことについてお話ししました。

 

これからの時代ってどうなるんだろうと考えたり予想する人は多いかと思います。

(また、はやくコロナ流行前のようなもとどおりの状態になってほしいな、なんて考えている人もいるかもしれませんが、もう元通りには戻れないんだろうなあと思います。)

 

 

これからの時代を予想する人。パッと思い浮かぶ代表的なのはニュースのコメンテーターかなあ。

 

「これからはIT化が加速するでしょう。」

「就職内定率はさらに例年を下回るでしょう。」

「コロナショックで資産形成はこう変わっていくでしょう」

 

 

ふむふむ。怖いなあ。

 

評論家じゃなくてクリエイターになりたい

はぴこブログ ブログ初心者

こうなるだろうと予想する人はごまんといる。

じゃあ、これからどうしていくかについて語る人って少ない気がする。

 

ここって似ているようで視点が全然違います。

 

「こうなるだろうな」という発言は、時代の流れを蚊帳の外から見物しているのに対して、

「こうしていこう」という発言は、時代の流れの中でどう自分が生き残るかについて考えています。

 

 

前者を例えるなら評論家

後者を例えるならクリエイター、かな。

 

 

評論家=部外者

クリエイター=関係者

 

私の中ではこんなイメージです。

 

私たちが必死に頭を使って考えるべきなのは

「コロナ以降の時代がどうなるか」と予想すること

ではなく、

「コロナ以降の時代をどうしていくか」考え抜く必要がありそうです。

 

 

私ゴトで考えてみた

 

これからの時代をどうしていくかを考え抜く必要がありそうです。

 

私ゴトだとどう捉えられるだろう。

 

まず一つ目にこれからの雇用は不安定になるだろうから、本業は手放さないようにしようと思います。

 

 

(1)当面の間は本業を手放さない

 

私はいま総合病院で看護師をしておりますが、

とりあえず本職としての「看護師」はキープする必要がありそうです。

せっかく大人になってから身を粉にして手に入れた資格、最大限使わせていただきます。

 

ただ、本業を手放さないようにするためには組織の中での生存戦略を考えなければいけません。

できるだけ長く勤務できるようにすることが得策です。

 

☑️人間関係を良好に保つ

→看護師の大変なところはなんといっても人間関係。

看護師は未だ女の世界。女同士のドロドロや一部の高慢な医者たちと日々戦わなければなりません。

仕事における人間関係の術を強化していく必要がありそうです。

 

 

☑️仕事ができる人になる

→これは必要スキルです。日々勉強です。

①医療に関する知識武装を強化する

②医者の処置介助や注射などの手技の精度を強化する

③作業の効率化→朝一番に1日の動きを頭の中で組み立てて、無駄な動きを最小限にしていく

 

また、仕事ができるかできないかは職場での人間関係に大きく影響を与えるそうです。

仕事ができない人はできる人よりもキツく当られることが多くなるようで、仕事ができるようになることは間接的に人間関係もよくするそう。

 

 

☑️ストレス発散方法を複数持ってコントロールする

組織の一員として働いていると必ずストレスはかかりますよね。

ストレスを受けないように生きることは不可能なので、ストレスを発散できる人間になろうと思います。

人間はストレス発散法が多ければ多いほど、ストレスに強くなるそうです。

自分でストレスコントロールができているという認識が自己効力感に繋がるのでしょう。

こんな実験があります

2匹のネズミに電気ショックを一定時間加えてストレスを与える実験です。

 

片方のネズミの小屋にはレバーがあり、電気ショックを止めることができます。

このレバーを押すと2匹ともの電気が止まります。

もう片方のネズミの小屋にはレバーがありません。

 

この2匹には、ストレスにより受ける影響の違いがみられました。

レバーがある方のネズミと比べて、レバーがないネズミはストレス過多で脳の損傷が激しかったようです。

受けている電気ショックの時間は同じなはずなのに。

これは同じストレス量でもストレスを自分でコントロールできるかどうかで受け取る影響の差を証明しています。

 

自分でストレスはコントロールできるぞと思えばダメージも少ないんですね♪

 

 

(2)これから必要な力を備えていく

 

本業について語りすぎました。

 

これからに必要な力はきっと

☑️(溢れるように膨大な情報の中から)情報を選び取る力

→インターネットで個人が発信できる時代。信憑性の低い情報の中に正しい情報が埋もれてしまうことが起きています。

これはブログを勉強するようになって初めて見えてきた現実でした。

 

☑️自分の頭で考え抜く力

→ただ受け身に人の意見を聞いていくだけでなく、主体的に考えていく力がより一層必要になりそうです。

ないなりに脳みそフル活用して頑張ろうと思います。

 

☑️自分ができることで他者に貢献できることを見つける

→自分軸と他者軸が交わる部分を見つけられたらいいなと思います。

でしょうか。

 

ちょっとこれから深めていこうと思います。

 

 

(3)本業以外に複数の収入源を獲得する

 

本業一本でやることは恐怖でしかないです。

副業について調べてみようと思います。

次回以降に思考を深めていこうと思います。

 

クリエイターになるには

木 思考 働き方 時代

本業について力を入れて書きすぎたので続きは次回書こうと思います。

 

これからの時代を生き抜くために「どうすればいいか」を考えたときに。

新しいことにどんどんチャレンジしていくとともに、

足元は固めておきたい、地に足をつけておきたい、

そう思ったので今回は本業について考えてみました。

 

土や根が頑丈な木はきっと素敵な枝葉をつけるだろうと信じています!

 

 

読んでいただきありがとうございました!

では!

 

 

スポンサーリンク